スズキ キャリィ ジムニー用 オルタネーター 31400-76J00 A1TA3991

スズキ

キャリィ ジムニー

マツダ

AZ スクラム

A1TA3991→A1TA3991A→A1TA3991B

31400-76J00→31400-76J01→31400-76J02

このオルタネーターは、2回マイナーチェンジされています。

レギュレーターとベアリングが変更されたようです。

それでは、本日はこのオルタネーターを修理したいと思います。





CIMG6797.jpg
CIMG6798.jpg


まずはテストから行います。


CIMG6796.jpg
CIMG6795.jpg


オルタネーター自体は正常に機能しています。

実際修理を行う場合は何が原因で故障したのかきちんと把握した上で修理を行う事が大切です。

今回の場合異音もなく全く異常は見られませんでした。

それでは分解していきましょう。


CIMG6799.jpg
CIMG6800.jpg


分解してみましたが、故障の原因はなさそうでした。

ブラシも残っている、ベアリングもしっかりしている。

これは、恐らくですが、発電不良の故障原因がわからずとりあえず交換したパターンかな?と思います。

とりあえず部品を洗浄しきれいに仕上げます。


CIMG6805.jpg


CIMG6806.jpg

ICレギュレーター ブラシはそこそこ残っています

ICレギュレーターは、オルタネーターの頭脳的な役割をしています。

ICレギュレーターは絶対に交換が必要です。

格安リビルトなどはICレギュレーターのブラシのみ交換している事が多いので注意が必要です。


CIMG6807.jpg

フロントベアリング


CIMG6808.jpg

リヤベアリング


これから組み立て工程に入らせていただきます。


リヤ側より組み立ていきます。


CIMG6809.jpg


リヤブラケットとICレギュレーター・レクチファイヤ(ダイオード)を組み付けます。


CIMG6811.jpg


ICレギュレーターとレクチファイヤはハンダ付けします。スズ100%のハンダを使用しています(三菱指定)


CIMG6812.jpg


B端子を取り付けます。


CIMG6813.jpg


CIMG6814.jpg


ステーターは前日より絶縁ニスにて処理しています。これによりより確実な絶縁が可能になります。


CIMG6815.jpg
CIMG6816.jpg


ステーターを取り付けします。ここもハンダを使用しています。


以上でリヤ側は完成です。


つづきましてフロント側になります。


CIMG6817.jpg


フロントブラケットにベアリングを挿入します。


CIMG6801.jpg


ローターコイルのコンミテーターにカーボンが付着しているので研磨します。


CIMG6802.jpg


きれいになりました。


コイルテスターにてコイルに異常がないか確認します。


CIMG6803.jpg
CIMG6804.jpg


異常ありませんでした。


次にベアリングを挿入します。


CIMG6818.jpg
CIMG6819.jpg


ベアリング挿入完了です。


CIMG6820.jpg


フロントブラケットとローターコイル、プーリーを取り付けます。


CIMG6821.jpg


フロント側とリヤ側を合体させます。


CIMG6822.jpg


あとは、テストするだけです。


CIMG6824.jpg


無事合格しました。

CIMG6827.jpg
CIMG6828.jpg


製品にテスト結果を添えて、、、

CIMG6829.jpg


ラベルを貼って完成です!


今回交換部品は


ICレギュレーター ¥12,000


ベアリングフロント ¥740


ベアリングリヤ ¥870


合計¥13,610


AZ     JM23W K6A
キャリィ DA63T K6A
ジムニー JB23W K6A
スクラム DG63T K6A




ふそう キャンターコンプレッサー AKC200A277

AKC200A277

ふそう キャンター

エアコンコンプレッサー

コンプレッサー不良ということで連絡をいただきました。

とりあえず見てみないとわからないという事でコンプレッサーを送っていただきました。

CIMG6754.jpg

CIMG6759.jpg

わかりにくいとは思いますがラベルが縮んでいます。

これは何らかの負荷が掛かることにより高温になったことを示します。

おそらくコイルもその原因で焼けてしまったんだと推測されます。

CIMG6758.jpg

原因はこの真っ黒なオイルですね。

ここまで汚れていると重症です。

このオイルがエアコンサイクルを通る事によりサイクル不良を引き起こし、高圧異常を引き起こしたと考えられます。

通常オイルは真っ黒にはなりません。なにかしら原因が有ります。

その原因を追求し、取り除かなければ再発します。

また、このオイルはきっちり全て取り除く必要があります。

また、前回交換時はコンプレッサーのみしか交換していないらしく、コンプレッサー故障の原因も追求していなかったそうです。

原因を追求すると言っても実際問題難しいです。

ですので基本的にはエアコンサイクル全交換(ホースは洗浄)をオススメしています。

そうしないと、運が良ければ再発しませんが、運が悪いと再度コンプレッサーを購入していただかないといけなくなり、不要な費用

が発生してしまいます。

車の部品は消耗品です。必ず使い続けると故障します。

一時の修理費をケチる事で後々多大な事故を起こしてしまう可能性が高いです。

しっかり確かに修理費が高いと、ユーザー様には言いにくいです。

が、言いにくい事でもしっかり伝え、最善の修理をするのが本当のプロの仕事だと私は思います。

結局クレームは認められず(エアコンサイクルの不良によってコンプレッサーが潰されたので)余計な1台分を再度購入してもらいました。

いすゞ フォワード オルタネーター 8-98013-455-2 / 0-35000-4918 修理

いすゞ フォワード用 オルタネーター

8-98013-455-2

0-35000-4918

日興電機

24V50A

今回は組み立てからになります。

CIMG6761.jpg

リヤ側より組み立てます。

CIMG6763.jpg

いすゞ系のオルタネーターは、フィールドコイルがよく切れます。

なので100%交換になります。

CIMG6764.jpgCIMG6765.jpg



CIMG6766.jpg


ダイオードとICレギュレーターを交換します。

ここは交換しないとリビルト品とは言えません。


CIMG6768.jpg

これでリヤ側は完成です。

お次はフロント側を組み立てます。

CIMG6772.jpg

当然のことながらベアリングは100%全交換です。

CIMG6773.jpgCIMG6774.jpg

ベアリングを挿入しました。

CIMG6775.jpg


ローターにベアリングを挿入します。


CIMG6776.jpg


CIMG6777.jpg


フロントブラケットにローターを装着します。


CIMG6778.jpg


フロントブラケットにファンとプーリーを装着します。


プーリーがめっちゃ高いんですよ・・・


定価¥32,000


CIMG6780.jpg


フロント側とリヤ側を合体させます。


CIMG6781.jpg


黒いカバーを取り付けます。


CIMG6783.jpg

CIMG6782.jpg

いつものようにスルーボルトがまっすぐ入るか確認して組み立て完成です。

次は、製品テストです。

CIMG6784.jpg
CIMG6785.jpg

きっちり24V50Aは出力していますね。

テストは合格です。

CIMG6786.jpg
CIMG6787.jpg

テストレポートを添えて、ラベルを貼り付けたら完成です。

交換部品

ICレギュレーター ¥8,560

ダイオード ¥18,100

フィールドコイル ¥12,400

ベアリングフロント ¥6,190

ベアリングリヤ ¥6,070

プーリー ¥32,000

ファン ¥510

定価合計¥83,830※

基本的には全数同じ内容で修理しています。

なるべく部品を安く仕入れお買い求め易い金額でご提供する努力をしていますが、100%純正で修理していますので、日興製はどうしても値段が張りますね(汗)






2017年8月28日号物流Weeklyに太田美品の記事が掲載されました

だいぶ暑さも軽減されエアコンパーツからセルモーターへの売れ筋も変わっていってる今日このごろです。

太田美品通商㈱はトラックの電装品(セルモーター・オルタネーター・コンプレッサー)をメインで販売させていただいています。

当然、トラック等の商業車は使用頻度も高く、消耗も激しいです。

また、クレームを起こすと業務にも多大な損害を与えてしまい、ご迷惑をお掛けしてしまいます。

ですので最大限品質にはこだわって修理しています。

題名にも有ります様に、2017年8月28日号物流Weeklyに太田美品の記事が掲載されました。

CIMG6760.jpg

純正品で新品に再生という題名はちょっと間違えていますね(汗)

強いて言うならば「純正品で高品質リビルトに再生」ですかね?

今後も良い商品をご提供出来るよう頑張ります。

日産 セレナ Valeo製 サブスターター&ジェネレーター 2310A-1VA0A 2310A-1VM0A

本日 日産 セレナ Valeo製 サブスターター&ジェネレーター 「2310A-1VA0A」 「2310A-1VM0A」が入荷しました。

この製品は中古もリビルトもほとんど出回っていないため希少品です。

今後このタイプのサブスターター&ジェネレーターは搭載される車種が増えていくと予想されますので、太田美品通商ではどんどん品揃えを増やしていく予定です。

この商品を増やしてもらいたい等、リクエストが有りましたらお気軽にご連絡下さい。

CIMG6667.jpg

純正品番 2310A-1VA0A

出力 14V 150A

定価¥123,000

日産 セレナ C26 FC26 FNC26 NC26

日産 エクストレイル NT32 T32

CIMG6661.jpg

純正品番 2310A-1VM0A

出力 14V 200A

定価¥150,000

日産 セレナハイブリッド HC26 HFC26
プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR