いすゞ フォワード セルモーター M008T60973について

前回に引き続き いすゞフォワード用のセルモーターのお話をしたいと思います。

大きく3回に分けて改良されています。

①「1-81100-319-1」 M008T60971

☆マグネットスイッチ・ピニオンギアを変更
       ↓
②「8-98060-854-0」 M008T60972

☆マグネットスイッチを変更
       ↓
③「8-98141-206-2」 M008T60973



1854_3.jpg
6023_3.jpg

ピニオンギア

上が①「1-81100-319-1」 M008T60971

下が②「8-98060-854-0」 M008T60972

ピニオンの変更点 赤丸部分少しわかりにくいかもしれませんが②の方がピニオンの角部分のカットが大きくなっています。

そうすることにより、飛び込みやすく、抜けやすい構造になっています。

1854_2.jpg
6023_2.jpg


マグネットスイッチ


上が①「1-81100-319-1」 M008T60971

下が③「8-98141-206-2」 M008T60973

端子部分の絶縁が見た目に違いますが、若干スイッチの経も新しい方が大きいのでコイルが強化された模様です。

弊社商品は、全て最新対策品を使用して修理しています。

また、マグネットスイッチ・オーバランニングクラッチ・ブラシ・ベアリング・ピニオンギアは全数、純正新品にて交換しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったら拍手お願いします。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR