マツダ デミオ リビルト オルタネーター ZJ10-18-300

マツダ デミオ アクセラ ベリーサ リビルト オルタネーター

ZJ10-18-300

A003TG2881/A003TG2881A/A003TG2881B

12V90A

このオルタネーターは、2回ほど品番が変わっています。

1回目はハーネスを留めるクランプを追加、2回目はクラッチプーリーを改良しました。

A003TG2881→A003TG2881A→A003TG2881B

レギュレーターレス(パワトラ内蔵)ですので、このオルタネーターは発電するかしないかだけの役割になります。

制御関係は車輌側により調整されています。

CIMG4896.jpg
CIMG4894.jpg
CIMG4895.jpg

フロントブラケットが割れてしまっています。

ブラケットが割れていると使えないので交換となります。

コア返却時や、脱着作業時に割ってしまう方がいますがなるべく割らずに脱着してもらいたいです。

フロントブラケットだけで¥5,000掛かります(泣)

その分販売価格を上げざるを得ないのでご協力お願いします。

CIMG4897.jpg

フロント側とリヤ側に分けます。

フロント側を分解していきます。

CIMG4899.jpg
CIMG4900.jpg
CIMG4901.jpg

これでフロント側分解完了です。

CIMG4902.jpg
CIMG4903.jpg

リヤ側分解完了です。

続いて組み立て作業に入ります。

CIMG4997.jpg

ローターコイルをコイルテスターにてテストします。

CIMG4996.jpg
CIMG4998.jpg

ローターコイルにベアリングを挿入します。

CIMG5000.jpg
CIMG5001.jpg

プーリー、ローター、フロントブラケットを組み付けます。

ちなみにフロントブラケットは新品なのではじめからベアリングが挿入されています。

以上でフロント側は完成です。

続いてリヤ側に移ります。

CIMG5002.jpg
<リヤブラケット>

洗浄及びサンドブラストにて仕上げています。

CIMG5003.jpg
CIMG5004.jpg

パワトラは新品に交換します。

レクチファイヤはダイオードテスターで予めテストしておき再使用しています。

CIMG5005.jpg
CIMG5006.jpg

コネクターは割れていたので新品交換しています。

CIMG5008.jpg

ステーターをコイルテスターでテストを行います。

CIMG5007.jpg
CIMG5010.jpg

ステーターとリヤブラケットを装着します。

これでリヤ側は完成です。

CIMG5011.jpg

フロント側とリヤ側を合体させます。

CIMG5012.jpg

ハーネスを留めるクランプを取り付けます。

CIMG5013.jpg

これで組み立ては完成です。

残るはテストのみです。

CIMG5015.jpg
CIMG5014.jpg

冒頭でも言いましたとおり、レギュレーターレスなので発電の確認のみになります。

CIMG5016.jpg
CIMG5017.jpg

テスト結果を添えて完成です。

CIMG4995.jpg

このオルタネーターは、クラッチプーリー不良で交換されたものと推測されます。

フロントブラケットが割れていたのが厳しかったです(費用的に)

部品もなかなかフロントブラケットが売れることが無いためか旧ラベル(青いのラベル)でしたね。

クラッチプーリー、パワトラも大抵破損しているので確実に交換しておく必要があります。

結構部品代だけでも高くつきますね。

今回交換部品

クラッチプーリー ¥12,000

フロントブラケット ¥5,000

パワトラ ¥7,000

ベアリング(リヤ) ¥870

合計 ¥24,870








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR