ふそう キャンターガッツ リビルト オルタネーター ME202971

ふそう キャンターガッツ リビルト オルタネーター

ME202971

A003TB1299

12V75A

1998年よりキャンターガッツへ装着されているオルタネーターです。

ME200698より本商品に切り替わりました。

このオルタネーターの50AタイプはME202972(A003TB1399)になります。

私の経験上では、大抵レクチファイヤ不良で故障している場合が多いです。

CIMG4917.jpg
CIMG4918.jpg

とりあえずテスターにてテストをします。

CIMG4915.jpg
CIMG4916.jpg

テストスタートと同時に嫌な「ブォーン」という低い異音がしました。

その場合は大抵、レクチファイヤか、ステーターが不良です。

CIMG4919.jpg

フロント側とリヤ側に分解します。

CIMG4920.jpg

フロント側より分解します。

CIMG4921.jpg
<フロント側>

分解完了です。


CIMG4922.jpg
<リヤ側>

CIMG4924.jpg
CIMG4926.jpg

赤丸部分、レクチファイヤが焼けていました。

これが原因でチャージ不良を起こしたと推測されます。

CIMG4927.jpg
<リヤ側分解>

これで分解完了です。


CIMG4963.jpg

ブラケットを洗浄及びサンドブラストにて仕上げます。

フロント側より組み立てます。

CIMG4964.jpg

ネジ山が破損しているといけないのでタップを立て直します。

CIMG4965.jpg

フロントブラケットにベアリングを挿入します。

CIMG4966.jpg

CIMG4967.jpg

コイルテスターにてローターコイルをテストします。

CIMG4969.jpg

先ほどのフロントブラケットとローターを装着します。

CIMG4970.jpg

プーリーを装着します。

CIMG4971.jpg

以上でフロント側は完成です。

CIMG4972.jpg
<リヤブラケット>

CIMG4973.jpg

リヤブラケットとICレギュレーターとレクチファイヤを装着。

もちろん両方とも純正新品交換です。

CIMG4975.jpg

CIMG4976.jpg

コイルテスターにてステーターをテストします。

CIMG4977.jpg

ステーターとリヤブラケットをハンダ付けします。

CIMG4978.jpg
CIMG4979.jpg
CIMG4980.jpg

以上でリヤ側完成です。


CIMG4981.jpg

リヤ側とフロント側を合体させます。

CIMG4983.jpg

CIMG4982.jpg

スルーボルトがまっすぐ入るか確認します。

CIMG4984.jpg
CIMG4985.jpg

テスターにて最後のテストです。

正常に発電してくれています。

CIMG4986.jpg

テスト結果を添えて

CIMG4993.jpg

以上で完成です。

今回もやはりレクチファイヤの不良でした。

このオルタネーターはよくレクチファイヤが破損するので異常がなくてもレクチファイヤを交換しないといけません。

そうしないと結局再故障してしまう可能性が高いためです。

また、このオルタネーターが装着されている車輌は、冷蔵冷凍車等も多いのでしっかり部品は交換刷る必要があります。

CIMG4962.jpg

今回交換部品

プーリー

ICレギュレーター

レクチファイヤ

ベアリングフロント

ベアリングリヤ



















コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR