デュトロ/ダイナ用 セルモーター 28100-78124

こんばんは。

今日は非常に多く出回っているコピー品セルモーターのコアが返ってきたのでご紹介します。


CIMG3718.jpg
コピー品






CIMG3741.jpg
純正品




それでは純正品とコピー品を比較しながら分解していきましょう。


CIMG3719.jpg


ゴムがむき出しになっていつショートしてもおかしくない状態です。


CIMG3720.jpgCIMG3746.jpg
左が社外品/右が純正品


社外品のブラシは満タンで、純正品のブラシは減っていますね。

社外品の方はほとんど走らずに故障したのでしょう。

それに比べて純正品はほとんどブラシが残っていません。

また、28100-78124はブラシはビス留めですが社外品は違う仕様になっています。



5555.jpgCIMG3749.jpg
左が社外品/右が純正品


赤丸の切り込みの有り無しが相違しています。

更に!!!本来使われていない部品まで社外品の写真の赤丸部分のボールは純正では使われていません。



CIMG3726.jpgCIMG3750.jpg
左が社外品/右が純正品

まず遊星ギアーが3つと4つで違います。

28100-78124は宅配車仕様なので遊星ギアが4つ入っています。

3つは一般車用になります。全然中身違いますよね(汗)

社外品赤丸部分の遊星ギアのメタルが破損しています。

そんなに使用されていないはずなのに…

純正ではあれだけ走っていてもきっちり残っています。

これが社外品と純正品の品質の差です。



CIMG3727.jpgCIMG3751.jpg
左が社外品/右が純正品

見た目から違うし社外品は穴まで空いています(笑)

CIMG3735.jpgCIMG3759.jpg
左が社外品/右が純正品

これは恐れ入りました。

社外品はシャフト部分の遊星ギア受けが外れてしまいました。

普通は外れるなんてあり得ないのですが・・・

CIMG3737.jpgCIMG3761.jpg
左が社外品/右が純正品

マグネットスイッチですが、社外品は穴が空いています。

おそらくコイルの熱を逃がすために穴を開けているのでしょうけど・・・

CIMG3738.jpg


CIMG3733.jpg


フロントカバーのメタルが壊れています。


CIMG3734.jpgCIMG3757.jpg
左が社外品/右が純正品


シフトレバーです。


社外品はもうグラグラです(汗)


あ、ついでにこんな壊れ方してました(汗)

CIMG3731.jpg

あり得ない壊れ方です。

このセルモーターは非常によく破損するセルモーターです。

純正品でも対策に対策を重ねた商品ですので社外品を使用するととんでもない故障を引き起こします。


ユーザー様、もしお客先でエンジン掛からなくなったらどうしますか?

安いだけのセルモーターは使用しないほうが良いです。

どうしても安いセルモーターが欲しいのであれば中古品の方が幾分マシです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR