コピー品が出回っています

こんにちは。

ここ2,3日寒波の影響でかなり冷え込んでますが、頑張って修理しています。

最近、カローラ用のオルタネーターの社外品(コピー品)が出回っている様です。

今回もコアが9割コピー品のオルタネーターが返却されました。

ぶっちゃけ再生ができません。

うちは、コピー品を修理することはしませんので死活問題です。

また、ご購入していただいたお客様へコア代を請求しなくてはいけなくなります。

現在インターネット等の普及によっていつでもどこでも部品を購入することができるようになりました。

皆様は、何を基準にして部品を購入しているのでしょうか?

9割の方は値段と答えると思います。

ただし、お客様は絶対に品質の良い部品を求めています。

高品質を謳っているリビルトパーツは巷に溢れています。

主要な部品を交換するだけで1万円を超える商品が数千円で販売されているのも多数あります。

あり得ない金額ですが、中国・台湾製のコピー商品であれば可能です。

別にコピー品を否定したいわけでは有りません。

問題は、お客様がコピー品と理解して使用するのか、高品質リビルト品と思って使用するのかです。



リビルトパーツを選ぶ際に、販売業者様へ問い合わせしてもらいたいのです。

①この商品はリビルト商品なのか社外新品(コピー品)なのか?

②リビルトであれば全て純正パーツで交換しているのか?

③部品はどこまで交換しているのか?


上記内容を問い合わせるだけで全然違いますので是非お試しください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR