早くもエルフ用オルタネーター(三菱製)の修理が入りました

こんばんは。

早くもエルフ用オルタネーター(三菱製)の修理が入りました

品番 A003TR5691ZT (8-98251-634-1)

2014年06月より搭載されていますので3年程度での修理ですね。


CIMG3042.jpg
CIMG3043.jpg

よく見ると 「made in Thailand」 と書いています。

最近はタイの三菱の工場で生産されているオルタネーターが多くなっています。

さっそくどこが悪いのか調べましょう。


CIMG3041.jpg
CIMG3040.jpg

きちんと定格60Aは達成しています。

どこが悪くて交換したのでしょう?


CIMG3046.jpg
CIMG3047.jpg

ブラシが満タンですので、ほとんど走っていないと思います。

レクチファイヤも点検しましたが異常なしでした。

おそらくこのオルタネーターは悪くなっていないが交換されたのではないでしょうか?


とりあえず修理していきます。


まずはステーターを洗浄し絶縁ニスで処理します。

CIMG3048.jpgCIMG3123.jpg


ブラケットを洗浄して、サンドブラストにて仕上げます。

CIMG3114.jpg
CIMG3115.jpg

もちろんボルト穴はきちんとタップを切り直します。

意外とここを手抜きするとネジ山が潰れていたりしてトラブルの元となります。


CIMG3109.jpg

今回は上記の部品を交換します。

正直、今回はベアリング交換だけで修理可能ですが、通常いすゞ系のオルタネーターはコイルが切れやすい特性があるので絶対に交換します。

ICレギュレーターも弊社修理規定により100%交換してるため交換。

もちろんベアリングは交換。

CIMG3110.jpg

CIMG3111.jpg

CIMG3112.jpg

CIMG3116.jpg

CIMG3113.jpg

割れていたので交換です。

CIMG3126.jpg

組み上がりました。

スルーボルトを入れてまっすぐ入るか確認しています。

ごくたまにスルーボルトが入らないとクレームがある為です。

後はテストを残すのみです。

CIMG3128.jpg

無事合格してくれました。

一安心です。

万が一チャージしないとなると完全に私のミスなので(汗)

CIMG3130.jpg

CIMG3131.jpg


テスト結果を付けて完成です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR