FC2ブログ

日産/UDトラックス アトラス/コンドル用 オルタネーター 23100-6T012 A003TA2699D 分解工程

日産 UDトラックス

三菱品番:A003TA2699D A3T2699D

日産/UD品番:23100-6T012

出力:12V70A

車輌型式:

[アトラス] SN2F23 SN4F23 SP2F23 SP4F23 SP6F23 SR4F23 SR2F23 SR8F23

[コンドル] SP2F23 SP4F23 SP6F23 SR2F23 SR4F23 SR8F23

A003TA2699 → A003TA2699A → A003TA2699B → A003TA2699C → A003TA2699D

上記のようにこのオルタネーターは4回も後継機種が作られています。

ICレギュレーターやらレクチファイヤ、プーリーなどが対策されているようです。

1995年に生産開始していますので、車的にはもうだいぶ古い車になりますので、オルタネーターも消耗しきっている物が多いイメージです。

それでは分解していきましょう。

CIMG7417.jpg
CIMG7418.jpg

CIMG7416.jpg

いつものようにベンチテストを行います。チャージ自体はしていますが不安定でした。

CIMG7419.jpg

スルーボルトを外します。

CIMG7420.jpg

フロントとリヤに分かれました。

CIMG7421.jpg
フロント側

CIMG7422.jpg
CIMG7423.jpg

プーリーとローターコイルを外します。

CIMG7424.jpg

フロントブラケットよりベアリングを外します。

CIMG7425.jpg
CIMG7426.jpg

ローターコイルよりベアリングを外します。

CIMG7427.jpg

以上でフロント側の分解は完了です。

続きましてリヤ側へ移ります。

CIMG7428.jpg

CIMG7429.jpg

赤丸のブラシがなくなっています。ブラシが無くなっていることによる発電不良が原因で故障したと考えられます。

CIMG7430.jpg

ハンダを外してステーターコイルを外します。

CIMG7431.jpg
CIMG7432.jpg

ICレギュレーターとレクチファイヤを取り外します。

CIMG7433.jpg


以上でリヤ側の分解は完了です。

CIMG7435.jpg


CIMG7436.jpg


改めて見てもブラシはもう有りませんね。

本来リビルトを安くしようとすると、ブラシを交換すると修理できますが、ICレギュレーターはいつ故障してもおかしくない状態です。

ですので弊社は必ずICレギュレーターは交換するようにしています。

以上で分解工程は終了です。

ふそう ファイター用 オルタネーター ME223742 組み立て

先日の続きです。

CIMG7411.jpg
洗浄前

CIMG7477.jpg
洗浄及びサンドブラスト処理後

交換部品

CIMG7468.jpg
CIMG7469.jpg
100%純正新品部品を使用しています

CIMG7470.jpg
フィールドコイル


CIMG7471.jpg
ICレギュレーター


CIMG7472.jpg
レクチファイヤ(ダイオード)


CIMG7473.jpg
レクチファイヤ(ダイオード)


CIMG7474.jpg
プーリー


CIMG7475.jpg
ベアリング


CIMG7476.jpg
ベアリング


上記部品を交換します。

分解前のテストではベアリング以外は特に異常がありませんが、先にも申しましたようにこのオルタネーターは冷蔵冷凍車に使われていることが多いため最大限交換します。


それではリヤ側を組み立てていきましょう。

CIMG7478.jpg


リヤブラケットにICレギュレーター・レクチファイヤを組み付けます。


CIMG7479.jpg


CIMG7480.jpg


ターミナルを取り付けます。


CIMG7481.jpg


CIMG7482.jpg


ニスで絶縁します。


CIMG7483.jpg


ステーターコイルを組み付けます。


CIMG7484.jpg


CIMG7485.jpg


フィールドコイルを組み付けます。


CIMG7486.jpg


以上でリヤ側の組み立て完成です。


続きましてフロント側に移ります。


CIMG7487.jpg
CIMG7488.jpg
CIMG7489.jpg


フロントブラケットにベアリングを挿入します。


CIMG7490.jpg


ネジ山が潰れていないかチェックします。

結構潰れていることが多いため注意です。


CIMG7491.jpg
CIMG7492.jpg


ローターへベアリングを挿入します。


CIMG7493.jpg
CIMG7494.jpg


フロントブラケットにローターを組み付けます。


CIMG7495.jpg
CIMG7496.jpg


フロントブラケットにプーリーを組み付けます。


以上でフロント側完成です。


フロントとリヤを合体させると・・・


CIMG7497.jpg
CIMG7498.jpg


完成です。あとはテストするだけです。


CIMG7501.jpg
CIMG7502.jpg
CIMG7503.jpg


無事テスト合格しました!!!


CIMG7504.jpg


テストレポートを添えて・・・


CIMG7506.jpg


ラベルを貼り付けて完成です!

今回交換パーツは


プーリー ¥4,800

ベアリング(フロント) ¥1,100

ベアリング(リヤ) ¥1,600

フィールドコイル ¥11,000

レギュレーター ¥14,000

レクチファイヤ ¥7,100

レクチファイヤ ¥7,300

合計 ¥46,900


ふそう ファイター用 オルタネーター ME223742 分解

ふそう ファイター

三菱品番:A004TU7494

ふそう品番:ME223742

出力:24V80A

車輌型式:

[ファイター]FK61R/FK64R/FK66R/FK71D/FK71R/FK74R

[エアロミディ]ME17D/MJ26R

このオルタネーターは、冷蔵冷凍車等に使用されている為修理には注意が必要です。

CIMG7400.jpg

CIMG7397.jpg


とりあえず故障した原因を調べるためにテスターでテストします。

CIMG7396.jpg

CIMG7399.jpg

発電は異常ありませんでしたが、ベアリングの異音が少しありましたのでそこが原因と思われます。

CIMG7401.jpg

よく見たらプーリーが傷付いています。おそらく脱着後どこかへぶつけたのでしょう。

プーリー交換は確定ですね・・・プーリー代¥4,800掛かりますのでできれば脱着後も丁寧に扱ってもらいたいです。

それでは分解していきましょう。

CIMG7402.jpg

まずは大きく前後を分解します。

とりあえずリヤから分解します。

CIMG7403.jpg

赤い丸印のボルトを外したらフィールドコイルが外れます。

CIMG7404.jpg

CIMG7405.jpg

赤い丸がレクチファイヤ(ダイオード)です。

青い丸がICレギュレーターです。

レクチファイヤ部分のハンダを外すとステーターコイルが外れます。

CIMG7406.jpg

レクチファイヤとICレギュレーターを外します。

CIMG7407.jpg

ボルトは錆びたり固着したりしていますので注意です。

CIMG7408.jpg

以上でリヤ側の分解は完了です。

続きましてフロント側です。

CIMG7409.jpg

すみません、写真撮り忘れて一気に分解してしまいました。

CIMG7410.jpg

以上で分解は完了です。

➡組立工程はこちら

是非組み立て工程も併せて読んでくださいね

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR