ふそう キャンター用 コンプレッサー AKC200A277 社外品が返ってきた

こんにちは。

太田美品通商株式会社の太田です。

本日は、先月にコンプレッサーのコアが社外品でしたので分解しましたのでご紹介したいと思います。


AKC200A277社外品 (6)


27.7と記入されているので1年ちょいで壊れたんでしょうね。

まぁ状況にもよるので一概には言えませんが短いですよね。


しかし、一番ビックリしたのはこの品番です。

「AKC200A277S」

これは三菱純正リビルト品専用の品番です。

要するに使用してはいけない品番になります。

本来「MITSUBISHI」の記載もダメなのですが、あえて「MITUBISHI」にしてあることでクリアしているのでしょうか?

まぁ細かいですが、AKC200A277はMODELは「MSC90TA改」となります。表記では「MSC90TA-S」とされています。

三菱純正リビルト品はこちら

CIMG2998.jpg
CIMG2999.jpg

三菱純正リビルト品のラベルは緑です。

決してシルバーでは有りません。


AKC200A277社外品 (1)

とりあえず純正品と社外品を並べてみました。

違いは一目瞭然、配線の取り回し、温度センサーが全く違います。


それでは分解していきます。


まずはマグネットクラッチから分解します。

AKC200A277社外品 (2)

やはり社外品の方が作りが雑ですね(汗)

そりゃ故障するわって事です。

しかもコイルに信じられない文字が(笑)

AKC200A277社外品 (5)

え?12Vですか?

このコンプレッサー

24Vなんですけど(汗)

意味がわかりません

表記が適当なのかどうかわかりませんが12Vと記載されていました。


AKC200A277社外品7
AKC200A277社外品 (4)

中身が全く違います。

このコンプレッサーはスクロール型のコンプレッサーなのですが、社外品のコンプレッサーは昔のSANDENタイプのスクロールを使っているみたいです。

外観だけではそこまで違いがわからないかもしれませんが、内部は全く違うコンプレッサーになっています。

しかしこれのどこが「MSC90T」モデルなのでしょうか・・・

内部も含めてのモデル型式なのですが(汗)

ある意味詐欺に近いんじゃないでしょうか?

もし、自分が乗っている車にこんな商品が装着されたら絶対イヤですけどね(汗)

55.jpg
シャフト

ベアリングの作りが悪いのでベアリングの球が浮いています。

ベアリングの球が浮いた事によりスムーズに廻らなくなっています。

要するにこのコンプレッサーは、シャフトのベアリングの作りが悪いので、ベアリングが破損し、

シャフトが回転できなくなった事により焼け付いたって事です。

しかし、リビルト業界の常識として、「ロック、焼け付きは保証対象外」となっています。

ですので、万が一1年未満で故障していてもノークレームという判定でメーカーは保証してくれないのです。

「製品不良なのに保証が受けられない」

これっておかしくないですか?

まぁ純正部品を使っていればやはり、ロック、焼け付きは保証対象外となるのは理解できます。

中国や台湾等の外国で製造された商品にそれを適用するのはいかがなものかと思います。

そして、大抵のお客様はこの商品が、コピー品と知らずに使ってしまっている。

また、販売する側もコピー品と説明せずに販売している業者様も多いです。

よく、ヤフオクでも「新品」と記載されていますが、純正新品の様に見せかけて社外新品(コピー品)を販売している様に思います。

このコンプレッサーにしても、おそらく吐出量や圧縮比なんてめちゃくちゃだと思います。

よく、純正新品が一番、社外新品が二番と言われますが、私個人の考え方としては、絶対にそれは間違っていると思います。

①純正新品 ②リビルト(純正パーツ使用) ③中古品 ④社外新品

この順番だと思います。

はっきり言って社外新品を付けるなら中古品の方がマシです

よく解体業者様の元に海外からのバイヤーさんが来るそうです。

海外には中国製の社外新品が腐るほどあるにも関わらず日本の中古品を買いに来るのです。

それはなぜでしょう?

答えは簡単です。

「社外新品よりも日本の中古品の方が品質が良いから」

目先の値段に捕われずに商品をよく理解して購入する様にするべきだと私は思います。

もう一度よく考えてください。

販売者様もご購入者様も

「自分の車に社外品を載せたいですか?」

デュトロ用 セルモーター 0365-502-0029「28100-78113」クレームが来ました

こんばんは。

太田美品通商㈱の太田です。

本日も残念ながらクレームが来ましたので対応しました。

ぶっちゃけこのセルモーターは、経験が無い方が作業されると大抵失敗します。

弊社の商品は修理連絡票を一緒にお付けしてしています。



製品を点検していく過程に点検する項目を記入してもらうのですが、書いてもらう理由として3つ理由があります。


① きちんと原因追求の上修理を行っているのか


② 不適切な修理をしている場合の注意喚起


③ クレーム時にスムーズに調査を行うため


信じられない話ですが、作業者が原因を追求せずに交換だけを行っていたり、距離数を控えていなかったり、

下手すると修理内容すら控えていない事が多いです。

要するに修理連絡票を書くことが出来ない作業者は、修理をしているのではなく交換のみをしている作業者です。

弊社にクレームの連絡をしてくるお客様の8割は修理連絡票が未記入の方です。



今日ご連絡いただいたお客様は、自動車部品商の方です。

転売された先のお客様は前回修理連絡票が未記入のお客様でした。

「セルモーターが悪いから代品を出してくれ」

ぶっちゃけここで何故弊社の商品が悪いと決めつけれるかが全く理解できませんが、言われたように代品を出しました。




夕方には、調査品が返ってきました。

CIMG2980.jpg

袋に入っていましたが焦げ臭かったので嫌な予感はしました。

ちなみに、クレーム調査依頼が未記入で空白でした。あれだけ記入をお願いしたにも関わらず未記入です。真っ白です。

メーカーであればこんな場合クレームなんて受け付けてくれません。

何が、どう悪いのか、頻度はどうなのか、どのような点検をしたのか、距離はどうなのか、全くわかりません。

これで何を見ろというのでしょうか?

まぁそれはさておき、とりあえずベンチテストを行ったら、「ウィーン、カチャ」お亡くなりになりました。

「オーバーランか…」

※オーバーランとは、セルモーターが電気やギヤによって強制的に廻され、セルモーターが焼損する事

とりあえずリアブラケットを外したらわかるので外してみます。

3_01.jpg

ブラシが無くなっています。

典型的なオーバーランです。

とりあえず全部分解してみます。

CIMG2983.jpg
ブラシホルダーを外しました。ブラシ無くなってます。

CIMG2987.jpg
全分解

Book1_02.jpg
アマチュアコイル

赤丸部分は高熱によりニスが剥がれているのがわかります。

高熱になるということは電気が長時間流れない限り起こりえません。

CIMG2986.jpg
ピニオンギア

この商品はよくリングギア不良でつき廻りによるオーバーランも発生しますが、今回のは特に異常有りません。


どこからどう見てもオーバーランですね(汗)


このままでは症状が再発するので、部品商様へその旨をお伝えしたところ


「電装店と整備屋が診断したら、電気系は異常が無い」


「オーバーランはしていない」


と言っているそうです。


いやいやいや(笑)


おもいっきりオーバーランしてるじゃないですか!?


電装店と整備屋が揃って点検してオーバーランがわからないとは正直びっくりしました。


部品商様も揃って


「自分はプロではないから説明されてもわからん」


いやいやそれは違うでしょって話です。


その商品を販売しているのであれば、


「販売している以上プロである」


当たり前の話です。


購入するお客様も素人から買いたい訳じゃありません。


念のために車輌側の再点検をお勧めしましたが


「車輌側に原因があるならば必ず再発するはず、再発しなければ製品が悪いということになる。整備屋も問題ないと言っているからそのままにする。再発しなければどうしてくれる?」


と返されました。


唖然としました。もしトラブルがあれば困るのはドライバー様であり、点検するべきとお伝えしましたが聞き入れられませんでした。


弊社の商品を信用していないのであれば、なぜ弊社の商品を購入したのでしょうか?


はっきり言って弊社はこういう部品商様への販売は極力避ける様にしています。


皆様も部品をご注文する際は、「プロ」にお願いする事をお勧め致します。


まぁちょっと愚痴っぽくなりましたが、こういう業者様もいるのだなということがわかってもらえると嬉しいです。

いすゞフォワード用 コンプレッサーのクレーム

こんばんは。

本日二度目の更新となります。

先日、フォワードのコンプレッサーが動かなくなったということで連絡受けていたコンプレッサーを調査をしました。

447100-1500 デンソー製 ベーンタイプのコンプレッサーです。

ぶっちゃけこのコンプレッサーはサイクル不良でトラブルの起きやすい品番だったのであらかた予想はしていましたが…

11 - コピー

見ただけで焼けているのがわかるレベルです。

6.jpg

サーマルセンサーがここまで吹っ飛んでるのはなかなかお目にかかれません。

よっぽど圧力が掛かったのでしょう。


とりあえず分解していきます。

しかし分解前から焦げ臭い(泣)

Z (2) - コピー

クラッチ部分です。完全に焼損しています。

Z (5) - コピー

分解完了です。とにかくオイルが真っ黒です。

完全にサイクル不良です。

※サイクル不良とは、エアコンサイクル内で圧力が上がり過ぎて高負荷がかかり、ガス漏れやコンプレッサー焼け付き、ロックを起こす症状です。原因は色々有りますが、コンデンサーの詰まりや、コンデンサーモーター不良、エアコンガスの入れすぎ、金属片等の混入等、他にも多様に原因はあります。

とにかくここまで真っ黒になっているとエアコンサイクルをきっちり交換しないと再発してしまいます。

Z (3) - コピー
フロントヘッドとリアブラケット

真っ黒です。


Z (4) - コピー
ベーンローター

ここまでの症状が出てしまったら、このコアも使い物になりません。

このお客様は修理屋に修理してもらっているそうですが、ここ最近クーラーサイクルをよく理解せずに修理を行っている業者様が増えました。
はっきり言って、ここまでの状態まで焼損させるのはエアコンサイクルを理解している作業者ではあり得ません。

修理というのは不良箇所を見つけ、故障した原因を追求し、交換修理を行うのであって、エアコンが効かないイコールコンプレッサー不良と決めつけてしまう作業者が増えてきていると思います。

また、ここまで酷い状態をクレームといいユーザー様にコンプレッサーが悪いと説明する修理屋ってどうかと思います。

それはさておき、お客(ユーザー)様にはこの状態ですと、もちろん保証云々の問題ではなく、今回代品で送らせてもらったコンプレッサーもそのまま使うと同じ症状になりますとご忠告をさせていただきました。

作業者の技術が無いとユーザー様に迷惑がかかり、不要な費用もかかります。

修理をご依頼される場合は、なぜエアコンが効かないか、なぜコンプレッサーが故障したのかきっちり説明でき業者様へ依頼する事をお勧め致します。


おそらく、このままですと再発すると思いますが、きちんと対応してくれたと信じてお客様が安心してお車の運転ができることを祈っています。






レンジャー用 オルタネーター 修理 0201-152-0115「27040-1952」

太田美品通商株式会社の太田です。

本日は、澤藤電機 レンジャー用オルタネーターの0201-152-0115「27040-1952B」


CIMG2947 - コピーCIMG2948 - コピー


とりあえず、いつも通りテスターでテストします。

CIMG2946.jpg


とりあえずチャージはしました。

特に異音等もありませんでした。

ちゃちゃっと全部分解しちゃいます。

CIMG2955.jpg

ステーターの処理から始めます。

洗浄し、乾燥後に絶縁ニスに浸して1日乾燥したものがこちら↓
CIMG2956 - コピー

これではまだまだ見た目がよろしくないので、表面のサビを落として塗装します。

CIMG2969.jpg


フロントブラケットとリアブラケットを洗浄、サンドブラストで仕上げます。

CIMG2957.jpg


細かい事ですが、フロントブラケットの面出しをします。
目立たないですが見た目にもこだわります。

CIMG2960.jpg


今回交換部品です。

すみません、プーリーとフロントベアリング交換しているのですが写真撮るの忘れました(汗)

基本的には、ステーターコイル、ブラケット以外は交換しちゃいます。

CIMG2964.jpg

ここまで交換すればまぁ不具合は発生しませね(笑)


ICレギュレーターにコネクタをハンダ付けするんですが細かくて嫌いです(笑)


CIMG2965.jpg



ベアリングを挿入し、コイルを取り付けます。

CIMG2966.jpgCIMG2967 - コピー

ダイオードを取り付け、右の写真はわかりにくいですがステーターを付けてハンダ付けしています。

CIMG2968.jpgCIMG2970.jpg

これも忘れていました(汗)

CIMG2972.jpg

カバーは中古のまま使われがちですが、実は新品に交換した時の見栄えが違うんです(笑)

フロントベアリングを挿入します。

CIMG2961.jpg

ローター錆を落として錆止め加工をしています。

CIMG2979.jpg


フロントを作っていたのですが写真が撮れていませんでした(汗)


フロント側とリア側を合体させます

CIMG2973.jpg

スルーボルトを通してみてまっすぐ入るか確認します。意外とこの作業を怠るといざ取り付けの際ボルトが入らないという事が起こります。もしかしたら経験されている方もいるかもしれませんが、その場合はここで点検していない為そういうことになります。


CIMG2974.jpg


これも意外と多いのですがネジ山が潰れている場合があり、ボルトがきちんと締まらないという事が有りますので、必ずタップを切り直します。


組み上がったので最終テストをします。

いつもここが一番ドキドキします(笑)

CIMG2976.jpgCIMG2975.jpg

無事チャージしました。一安心です。

ステーターもテストしてますし、部品もほとんど交換しているのでノーチャージはあり得ないのですが、ビビリます。


CIMG2977.jpg

テスト結果を付けて完成です。


キャンターオルタネーター現物修理の依頼

こんにちは。

太田美品通商㈱の太田です。

本日は、キャンター用オルタネーターME241336(A004TU4681)の現物修理のご依頼をいただきました。

この品番はクラッチプーリーが対策されていき、品番も4,5回も変わっています。

CIMG2932.jpg

とりあえずいつも通りベンチテストをかけます。

CIMG2933.jpg

問題なくチャージしました。大抵このオルタネーターはクラッチプーリー不良で交換になりますので、本体は発電するものがほとんどです。


半分にとりあえず分解!


CIMG2934 - コピー


そしてちゃちゃっと全分解しちゃいました。


CIMG2937 - コピー


ここで大問題発生!!

ローターが破損しているではないか。

この品番はクラッチプーリーの影響でローターまで破損してしまいます。

CIMG2938.jpg


拡大図がこちら↓

CIMG2936 - コピー


ローターの定価¥37,000


修理に掛かる部品代だけで¥50,000程度になります(汗)



高額すぎるので、しばらく時間をいただいて、他のコアから部品取りさせて頂く事になりました。









澤藤製セルモーターが社外品コアで返却された話

お久しぶりです。
出張より戻ってまいりました。

今日もいつも通りコア返却品をチェックしていましたら、澤藤のセルモーターを送ったはずなのにDENSOのセルモーターが入っていました。

第一印象は、またか…です。

外国向けにDENSOが作っているセルモーターです。

一昔前はよく見かけましたが、まだ生き残っているみたいですね(汗)

澤藤製は高いので安価なDENSO製で対応しようという事で、一部のメーカーさんが販売している商品です。

ぶっちゃけ、澤藤製(純正)でもよくトラブルが起きる商品です。

それをDENSOとはいえ、使用してしまうとトラブルが多発します。

見てもらうとわかりますがほとんど汚れていません。

要するにほとんど使われずに故障したということです。


CIMG2372 - コピーCIMG2371 - コピー
DENSO製(今回送られてきたコア)


8480_1.jpg8480_3.jpg
澤藤製(純正品)



上の写真を見てもらえればわかると思いますが、プロであれば品番が違うとわかるはずなのですが、どうして付けてしまうのでしょうか(汗)


当然、澤藤製を弊社ではご提供させていただいたので、コアが澤藤製でないとリサイクル出来ない為、コア代が発生してしまいます。

お客様からすれば、故障するわ、コア代も発生するわで負担が大きくなり最悪です。

商品が到着したら必ず見た目、品番を確認するようにすることにより、こういうトラブルも事前に防ぐことができるようになります。


本日より10月18日まで出張

おはようございます。

本日より18日まで出張の為、多分ブログ更新が出来ません。



キャンターのセルモーターがとんでもない壊れ方をした話

こんばんは。

今日は、キャンターのセルモーターで困っているという方が来社されました。

すぐに潰れたらしく、しかも2台だそうです。

しかもあり得ない壊れ方しているそうなので見せていただきました。

それがこちらです↓

CIMG2582.jpg

見た目は綺麗ですね。確かにすぐ故障したんだろうというレベルです。

まぁ見た瞬間、社外品(コピー)だとわかるクオリティです笑

あり得ない壊れ方がこちら↓

CIMG2586.jpg

2台とも同じ壊れ方とは恐れ入りました(汗)

どうやったらこんな壊れ方するのだろうか、謎です。

といっても、壊れる原因は限られています。

なぜこういう壊れ方したのかはもう少し後で報告します。

通常のコアがこちら↓

CIMG2609 - コピー

見た目は汚いですが、普通は汚くなるまで使える商品です。

いつもならそのままゴミ箱行きですが、せっかくなので分解してみました。

CIMG2589.jpgCIMG2588.jpg

グリスが一滴も無いだと…

怖すぎます…

次はピニオンを外すのですが、ピニオンも欠けていました!!

リングギアに傷が無いか心配です

CIMG2591.jpg

さらに、ここでトラブル!

シフトレバーを抑えてピニオンギアを飛び出させてから、ピニオンを叩いてピニオンを外すのですが、抑えるレバーのゴムが弱くて外せません(汗)

すみません。諦めます。


ということでリヤカバーを外します。

CIMG2592.jpg

何度見てもあり得ないですね。

リヤカバーを外したら次はブラシホルダーですが、外した瞬間!!!


CIMG2593.jpg

ブラシをおさえるバネがポロリと…

これまたあり得ないですねぇ(汗)


CIMG2605.jpg

右が純正品。左が社外品。

リヤカバーが割れて、ベアリングに触れてショートした焦げ跡が有ります。

ブラシが新品と比べてもほぼ変わらないという。

ほとんど使ってないのがよくわかります。

次はアマチュアコイルです。

CIMG2595.jpgCIMG2612 - コピー

右が純正品で、左が社外品です。

わかりにくいかもしれませんが、ベアリングにパッキンがついてません。

このパッキンは、昨日も書きましたが、ベアリングの摩耗に加え、ベアリングの受け側の摩耗も軽減してくれます。

次はマグネットスイッチです。これも問題有りでした。

CIMG2607.jpg
CIMG2611.jpg


上が社外品で、下が純正品です。

黒いプラスチックと金属の部分に純正品は黄色っぽいのが付着しています。

反対に社外品には付着していません。

これは何かというとマグネットスイッチはコイルであり、電気の通り道です。

そこに水が入り込むと焼けてしまいます。

要するに継ぎ目から水分が入らない様にするための防水なのです。


CIMG2602.jpgCIMG2603.jpg

右が純正品で左が社外品

これも同じくビスと銅の繋ぎ目は黄色いボンドで防水されています。

CIMG2590 - コピーCIMG2598 - コピー
右が純正品で左が社外品

これも考え方が同じで、ゴムパッキンが有るのか無いのかの違いです。

最後に、今回あのような壊れ方をした元凶です。

CIMG2614.jpg
22.jpg

ゴムが割れています。

本来であればシフトレバーをここで押さえてるのですが、割れているため押さえが効きません。

しかも!!

CIMG2615 - コピーCIMG2616 - コピー

右が純正品で、左が社外品です。

見比べてもらうとわかりますが、左のゴムが欠けていますね。

更に本来付いている金具が付いていませんでした。

CIMG2618.jpgCIMG2619.jpg

↑この金具が付いていないとピニオンギアの飛び出しの衝撃に耐えれずにゴムが潰れてしまったと想定されます。

要するにゴムが壊れた事によりシフトレバーが、本来の位置ではなくズレたこと、衝撃をリヤカバーに直接与えた事でああいう故障が発生したと考えられます。



社外品ははっきり言って作り方は雑です。

私なら、もし自分の車に取り付けるならこんな商品はイヤです。

私は、常々自分で使いたくない商品は作らない、売らない、勧めない様に心がけています。

今回の商品はスターターリレー以外ほとんど社外品でした。

ちなみに

ひと目で社外品を使っているかどうか分かる方法が有ります。

CIMG2608.jpg

上の写真の様に「24V」とラベルが貼ってあるのは社外品を使っている可能性が大です!

純正品にはあのようなシールは貼っていません。

また、ヨークから出ている配線は黒では無く白です。

話を元に戻しますと、結局このお客様はその業者から代わりをもらうのは怖いということで、弊社のセルモーターを購入されました。

結局は、2重に購入することとなり、逆に高い費用を払うハメになったと嘆いてました。

ユーザーさんや、整備の方は正直判断が付かないと思います。

信頼できるメーカーさんを探していく必要があると思います。




キャンターオルタネーター修理

こんばんは。

今日はキャンターのオルタネーターを修理しました。

CIMG2458 - コピー

どこかで既にリビルトされていますね。

こういう場合大抵は中身は修理出来ないレベルなのですがコイツはどうでしょうか。

とりあえずベンチテストにかけてみましょう。

おそらくチャージしないと思うのですが。。。。

CIMG2459.jpgCIMG2460.jpg

やっぱりチャージしませんでした。無反応です。

とりあえず分解してみましょう。

CIMG2412.jpg

ブラシが無くなってますね。このオルタネーターはブラシが短いので大抵はブラシが無くなった為の発電不良です。

んん??リヤブラケットベアリング受け部分が摩耗している!?

CIMG2417.jpg

見えやすく大きめの画像にしました。ベアリング受けにうっすら筋が見えるでしょうか?

こうなったらこのブラケットは使用できません…

やっぱり状態が悪い(泣)

CIMG2414.jpg

フロント側を見て、リヤブラケットの摩耗が理解できました。

リヤベアリングが社外品を使っています。

純正品のベアリングはベアリングにバンドが付いています。

CIMG2558 - コピー - コピー

上の写真は純正のベアリングです。

この黒い2つのバンドが良い仕事をします。

回転数が上がり高負荷がかかると、バンドが膨らんでガッチリ固定します。

なのでベアリングやベアリング受けが摩耗せずに済みます。

このコアはベアリングの抑えが効かず、リヤブラケットを破損させたと考えられます。

こういう場合はリヤブラケットを他のコアから移植するしかありません。

他のコアが無い場合は新品に交換ですが。

気を取り直して内部を洗ってみると…


CIMG2416.jpg

ステーターコイルが斜めに入っているじゃないですか(汗)

コイルからの配線が斜めになってるのがわかりますでしょうか?

自分はこんな事にならないように気をつけて作業をしようと心に誓いながら分解しました。

CIMG2418 - コピー - コピー

フロントブラケットとステーターコイル以外全て交換です。

状態悪いです。

CIMG2479 - コピー

このオルタネーターのローターコイルは劣化が激しいので基本的には全数交換しています。

横着して、再利用したらとんでもないクレームに発展します(汗)←経験有りです

ICレギュレーターも全数交換しています。

ベアリングはもちろん全数交換です。

ダイオードも8割は交換します。

まぁほとんど交換しちゃいます。

ここまで交換したらほとんどクレームは有りません。

CIMG2489 - コピー

ステーターコイルも絶縁ニスで処理してコイルテスターにて点検し合格。

後は、組み付けてテストするだけです。

CIMG2481.jpgCIMG2482.jpg


ベンチテスト無事合格しました。

後はテスト結果を付けて、ラベル貼って完成です。

CIMG2483 - コピー


社外品を使っているかどうかは外からではわかりません。

今回はブラシの摩耗でチャージ不良だとは思いますが、ブラシが仮にもう少し残っていてもいずれは異音で交換する事になっていたと思います。

一度、お取引しているメーカーさんに社外品の使用の有無を確認してみるといいかもしれないですね。

それでは今日もありがとうございました。













コア返却

こんにちは。

太田美品通商㈱の太田です。

弊社では、毎日何十個ものコア(故障した部品)が返却されてきます。

まぁ色々なコアが返却されてきますが、今日は特に酷い状態でびっくりしました。

CIMG2448.jpg

フロントブラケットは失敗して割ったのでしょう。

古いコアよりフロントブラケットを組み替えて使ったと思われます。

ローターコイルも巻き替え、ベアリングが社外品の為受け側のリヤブラケットもガタガタ。。。

正直これでは再生不可能です。

このような状態ですと、コア代が発生してしまいます。

ブラケットが割れていなければ問題は無かったのですが。。。

また、組み換えてしまっていますので保証もお付けできない状態です。

脱着作業を行う方は気をつけて作業してくださいね。

プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR