FC2ブログ

三菱 デリカD:5用 オルタネーター

三菱 デリカD:5

三菱品番:A2TX4281

三菱自動車品番:1800A355

出力:12V150A

このオルタネーターはクラッチプーリーがよく破損します。

弊社商品は純正部品にて全数クラッチプーリーを交換しています。

装着されている車種も少ない為希少品です。

CIMG7227.jpg
CIMG7228.jpg

実はプーリーがスカスカでしたのでプーリーが原因で交換したのはわかっていましたが、とりあえずテストしました。

CIMG7230.jpg
CIMG7229.jpg

バッチシ充電していますね。

やっぱりプーリーがダメでしたね。

それでは分解していきます。

CIMG7231.jpg

フロント側とリヤ側に分解します。

リヤ側分解していきます!

CIMG7232.jpg
CIMG7233.jpg
CIMG7234.jpg
CIMG7235.jpg
CIMG7236.jpg

CIMG7238.jpg
CIMG7237.jpg

レギュレーターのブラシですが赤丸部分三菱マークに到達すると寿命間近です。

よくクラッチプーリーがダメで壊れるからクラッチプーリーはダメだと言いますが、実はクラッチプーリー破損する頃には

ブラシももう殆ど無くてどの道焼け付きます。

全損する前に交換してくれるので私は助かります。

フロント側を分解します。

CIMG7239.jpg
CIMG7240.jpg
CIMG7246.jpg
CIMG7243.jpg

簡単にですが分解完了です。

CIMG7241.jpg
CIMG7282.jpg
ブラケットです

だいぶきれいになりました。

リヤ側より組み立てます。

CIMG7284.jpg
CIMG7285.jpg
CIMG7287.jpg
CIMG7288.jpg
CIMG7289.jpg

フロント側を組み立てます

CIMG7290.jpg

ベアリングを挿入します。

CIMG7291.jpg

CIMG7247.jpg
処理前
CIMG7271.jpg
ローターコイル 処理後

CIMG7248.jpg
CIMG7272.jpg

CIMG7295.jpg

フロント側・ローターコイル・クラッチプーリーを組み付けます

CIMG7296.jpg

フロント側出来上がりです

CIMG7297.jpg

フロント側とリヤ側を組み付けます

CIMG7299.jpg

スルーボルトを通しまっすぐ組み付けられているか確認する。

CIMG7300.jpg
CIMG7301.jpg

テスターでテストをします。無事チャージしていました。

CIMG7302.jpg
CIMG7303.jpg

テスト結果を添えて完成です。

CIMG7283.jpg

今回交換パーツ

クラッチプーリー ¥12,000

ICレギュレーター ¥12,000

ベアリングフロント ¥850

ベアリングリア ¥870

合計¥25,720






三菱 ミニカ・トッポBJ・パジェロミニ リビルト オルタネーター MD350380

三菱 ミニカ・トッポBJ・パジェロミニ

リビルト オルタネーター

MD350380


このオルタネーターは、ヤフオク等では数千円で販売されている商品です。


弊社ではきっちり部品を交換する為、そんな金額ではとても販売出来ません(汗)


どうやったらそんなに安価なリビルトができるかわかりません。


最近では安価なリビルトを購入しトラブルになるケースも多いです。


しかし、そういう品物を選んだのはお客様であり、自己責任だと私は考えます。


値段だけで判断し、中身を検討もせずに購入するお客様が多いこと多いこと。


もちろん、各リビルトメーカー様も企業努力で高品質かつ安価に提供できる体制を整えています。


なので、安価な商品を否定している訳ではありません。


でも安いには安いなりの理由があり、高いには高いなりの理由があることを理解して購入していただきたいと思います。


CIMG4741.jpg
CIMG4742.jpg

小さいオルタネーターです。


とりあえずテスターでテストしてみましょう。


CIMG4739.jpg
CIMG4740.jpg


きっちり12V60A出力しています。


特に異常は有りません。


まぁ極端な話、この状態であれば少し綺麗にしてリビルト品として出荷することも可能です。


ブラシ ¥700

ベアリング ¥870

ベアリング ¥740

定価ベース合計¥2,310で出来上がります(笑)

数千円で販売しても利益はきっちり出ますね!

なんてことを弊社ではしません。


とりあえず分解していきましょう。


CIMG4744.jpg


フロントとリヤを2分割にします。


CIMG4746.jpg


結構ブラシが残っているのであまり走行していないと推測されます。


ステーターを取り外します。


CIMG4747.jpg
<ステーター>


CIMG4748.jpg


残りはICレギュレーターとレクチファイヤです。


2点を取り外すと、リヤ側は分解完了になります。


CIMG4749.jpg


リヤ分解完成!


続いてフロント側に取り掛かります。


CIMG4750.jpg


CIMG4751.jpg


プーリーとローターコイルを取り外します。


CIMG4752.jpg
CIMG4753.jpg


ローターコイルは研磨しておきます。


CIMG4754.jpg


ステーターは絶縁の為にニスに浸けて乾かします。


ニスも三菱純正のニスを使用しています。


CIMG4755.jpg
CIMG4756.jpg


ブラケットを洗浄し、サンドブラストにて仕上げます。


CIMG4759.jpg


フロントブラケットにベアリングを挿入します。


CIMG4760.jpg


CIMG4762.jpg


先ほど研磨したローターコイルをコイルテスターにてテストします。


CIMG4763.jpg


ローターコイルとフロントブラケットとプーリーを合体させます。


CIMG4764.jpg


フロント側完成です。


続いてリヤ側に移ります。


CIMG4765.jpg


ICレギュレーターは純正新品に交換します。


レクチファイヤはダイオードテスターにてテストした上で再利用できるものは再利用します。


ICレギュレーターだけは、劣化による故障が診断出来ないため急に故障する可能性があるので再利用できません。


実は、ICレギュレーターだけで¥12,000もします(汗)


数千円ではとてもICレギュレーターは交換出来ないですね。


CIMG4767.jpg


ステーターも先ほど同様に、コイルテスターでテストをします。


CIMG4768.jpg
CIMG4769.jpg


ステーターとリヤを合体させたら、リヤ側完成です!


CIMG4770.jpg


リヤ側とフロント側を合体します。


CIMG4771.jpg


残るはテストのみ!


CIMG4773.jpg
CIMG4772.jpg


見事合格でした!


CIMG4774.jpg


テスト結果を添えて完成です。


メーカー品番 MD350380

三菱品番 A1TA1891

12V60A


CIMG4758.jpg

交換部品

ICレギュレーター ¥12,000

プーリー ¥3,900

ベアリングフロント ¥740

ベアリングリヤ ¥870

合計¥17,510

2017年2月14日現在の価格です。


これにもし、ローターコイルやその他に破損が有れば追加される訳です。


数千円で販売できるなんて弊社では不可能です(笑)


その代わり高品質な商品でお客様を満足させる自信が有ります。


是非自分の使う車の部品なので数字だけではなく、内容を吟味して購入してください。 








プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR