ふそう キャンター リビルト コンプレッサー MK512758 AKC200A274A

ふそう キャンター リビルト コンプレッサー

AKC200A251/AKC200A255/AKC200A273A/AKC200A274A

MC140859/MC149963/MK447398/MK512758

1395_1.jpg
1395_2.jpg
1395_3.jpg
1395_4.jpg
1395_5.jpg


このコンプレッサーが装着されている車種は非常にサイクル不良を起こしやすいので、きっちりサイクルを点検し部品を交換することをオススメします。

マグネットクラッチ焼け付きやロック、高圧異常によるガス漏れの場合は、サイクル内に鉄粉やスレッジ、異物が混入していることが多く、オイルがねずみ色になっています。
その異物がエアコンサイクル内(コンデンサー・エバポレーター・ホース・レシーバー等)に残っていると新しくコンプレッサーを取替えてもその異物が再度コンプレッサーに詰まり故障します。
その際は、コンプレッサー起因による故障ではなく、サイクル不良によりコンプレッサーが故障させられた状況ですのでクレームが受けられません。
きっちり故障の原因を追求し、故障の原因を解決しないと再故障の原因となり莫大な費用がかかってしまいます。
上記症状の場合、エアコンサイクルを全交換することをオススメします。


エアコンパーツの社外品と組み合わせてもトラブルがおおく発生します。
社外品パーツの使用はお控えください。

また、このコンプレッサーの社外新品が非常に多く出回っています。

社外新品のコンプレッサーが装着された後は、再故障起こしやすいので注意が必要です。

また壊れ方も異常です。


↓↓こちらもチェックしてみてください↓↓
社外品コンプレッサーの内部はめちゃくちゃだった!?

安いからといって社外品に手を出してしまうと逆に高く付くことが多いです。

弊社商品は純正のコアを修理しています。

部品も純正品を使用しています。

全国の電装品店様ディーラー様に認められた品質でお客様にご提供させていただいています。

品質にこだわった商品をご提供します。

ふそう スーパーグレート リビルト ACコンプレッサー MK512818 AKC200A275

ふそう スーパーグレート リビルト コンプレッサー

AKC200A253C/AKC200A257A/AKC200A272/AKC200A275

MC933485/MC966932/MK447133/MK512818


11168_1.jpg
11168_2.jpg
11168_3.jpg
11168_4.jpg
11168_5.jpg


このコンプレッサーが装着されている車種は非常にサイクル不良を起こしやすいので、きっちりサイクルを点検し部品を交換することをオススメします。

マグネットクラッチ焼け付きやロック、高圧異常によるガス漏れの場合は、サイクル内に鉄粉やスレッジ、異物が混入していることが多く、オイルがねずみ色になっています。
その異物がエアコンサイクル内(コンデンサー・エバポレーター・ホース・レシーバー等)に残っていると新しくコンプレッサーを取替えてもその異物が再度コンプレッサーに詰まり故障します。
その際は、コンプレッサー起因による故障ではなく、サイクル不良によりコンプレッサーが故障させられた状況ですのでクレームが受けられません。
きっちり故障の原因を追求し、故障の原因を解決しないと再故障の原因となり莫大な費用がかかってしまいます。
上記症状の場合、エアコンサイクルを全交換することをオススメします。


エアコンパーツの社外品と組み合わせてもトラブルがおおく発生します。
社外品パーツの使用はお控えください。

また、このコンプレッサーの社外新品が非常に多く出回っています。

社外新品のコンプレッサーが装着された後は、再故障起こしやすいので注意が必要です。

また壊れ方も異常です。


↓↓こちらもチェックしてみてください↓↓
社外品コンプレッサーの内部はめちゃくちゃだった!?

安いからといって社外品に手を出してしまうと逆に高く付くことが多いです。

弊社商品は純正のコアを修理しています。

部品も純正品を使用しています。

全国の電装品店様ディーラー様に認められた品質でお客様にご提供させていただいています。

品質にこだわった商品をご提供します。

ふそう ファイター リビルト コンプレッサー MK447130

ふそう ファイター リビルト コンプレッサー

AKC200A271/AKC200A276

MK447130/MK512826


3296_1.jpg
3296_2.jpg
3296_3.jpg
3296_4.jpg
3296_5.jpg


このコンプレッサーが装着されている車種は非常にサイクル不良を起こしやすいので、きっちりサイクルを点検し部品を交換することをオススメします。

マグネットクラッチ焼け付きやロック、高圧異常によるガス漏れの場合は、サイクル内に鉄粉やスレッジ、異物が混入していることが多く、オイルがねずみ色になっています。
その異物がエアコンサイクル内(コンデンサー・エバポレーター・ホース・レシーバー等)に残っていると新しくコンプレッサーを取替えてもその異物が再度コンプレッサーに詰まり故障します。
その際は、コンプレッサー起因による故障ではなく、サイクル不良によりコンプレッサーが故障させられた状況ですのでクレームが受けられません。
きっちり故障の原因を追求し、故障の原因を解決しないと再故障の原因となり莫大な費用がかかってしまいます。
上記症状の場合、エアコンサイクルを全交換することをオススメします。


エアコンパーツの社外品と組み合わせてもトラブルがおおく発生します。
社外品パーツの使用はお控えください。

また、このコンプレッサーの社外新品が非常に多く出回っています。

社外新品のコンプレッサーが装着された後は、再故障起こしやすいので注意が必要です。

また壊れ方も異常です。


↓↓こちらもチェックしてみてください↓↓
社外品コンプレッサーの内部はめちゃくちゃだった!?

安いからといって社外品に手を出してしまうと逆に高く付くことが多いです。

弊社商品は純正のコアを修理しています。

部品も純正品を使用しています。

全国の電装品店様ディーラー様に認められた品質でお客様にご提供させていただいています。

品質にこだわった商品をご提供します。

ふそう キャンター リビルト コンプレッサー

ふそう キャンター リビルト コンプレッサー

AKC200A277

MK512827

対応品番 AKC200A270


CIMG5351.jpg
CIMG5350.jpg
CIMG5352.jpg
CIMG5353.jpg
CIMG5354.jpg


このコンプレッサーが装着されている車種は非常にサイクル不良を起こしやすいので、きっちりサイクルを点検し部品を交換することをオススメします。

マグネットクラッチ焼け付きやロック、高圧異常によるガス漏れの場合は、サイクル内に鉄粉やスレッジ、異物が混入していることが多く、オイルがねずみ色になっています。
その異物がエアコンサイクル内(コンデンサー・エバポレーター・ホース・レシーバー等)に残っていると新しくコンプレッサーを取替えてもその異物が再度コンプレッサーに詰まり故障します。
その際は、コンプレッサー起因による故障ではなく、サイクル不良によりコンプレッサーが故障させられた状況ですのでクレームが受けられません。
きっちり故障の原因を追求し、故障の原因を解決しないと再故障の原因となり莫大な費用がかかってしまいます。
上記症状の場合、エアコンサイクルを全交換することをオススメします。


エアコンパーツの社外品と組み合わせてもトラブルがおおく発生します。
社外品パーツの使用はお控えください。

また、このコンプレッサーの社外新品が非常に多く出回っています。

社外新品のコンプレッサーが装着された後は、再故障起こしやすいので注意が必要です。

また壊れ方も異常です。


↓↓こちらもチェックしてみてください↓↓
社外品コンプレッサーの内部はめちゃくちゃだった!?

安いからといって社外品に手を出してしまうと逆に高く付くことが多いです。

弊社商品は純正のコアを修理しています。

部品も純正品を使用しています。

全国の電装品店様ディーラー様に認められた品質でお客様にご提供させていただいています。

品質にこだわった商品をご提供します。

ふそう キャンター用 コンプレッサー AKC200A277 社外品が返ってきた

こんにちは。

太田美品通商株式会社の太田です。

本日は、先月にコンプレッサーのコアが社外品でしたので分解しましたのでご紹介したいと思います。


AKC200A277社外品 (6)


27.7と記入されているので1年ちょいで壊れたんでしょうね。

まぁ状況にもよるので一概には言えませんが短いですよね。


しかし、一番ビックリしたのはこの品番です。

「AKC200A277S」

これは三菱純正リビルト品専用の品番です。

要するに使用してはいけない品番になります。

本来「MITSUBISHI」の記載もダメなのですが、あえて「MITUBISHI」にしてあることでクリアしているのでしょうか?

まぁ細かいですが、AKC200A277はMODELは「MSC90TA改」となります。表記では「MSC90TA-S」とされています。

三菱純正リビルト品はこちら

CIMG2998.jpg
CIMG2999.jpg

三菱純正リビルト品のラベルは緑です。

決してシルバーでは有りません。


AKC200A277社外品 (1)

とりあえず純正品と社外品を並べてみました。

違いは一目瞭然、配線の取り回し、温度センサーが全く違います。


それでは分解していきます。


まずはマグネットクラッチから分解します。

AKC200A277社外品 (2)

やはり社外品の方が作りが雑ですね(汗)

そりゃ故障するわって事です。

しかもコイルに信じられない文字が(笑)

AKC200A277社外品 (5)

え?12Vですか?

このコンプレッサー

24Vなんですけど(汗)

意味がわかりません

表記が適当なのかどうかわかりませんが12Vと記載されていました。


AKC200A277社外品7
AKC200A277社外品 (4)

中身が全く違います。

このコンプレッサーはスクロール型のコンプレッサーなのですが、社外品のコンプレッサーは昔のSANDENタイプのスクロールを使っているみたいです。

外観だけではそこまで違いがわからないかもしれませんが、内部は全く違うコンプレッサーになっています。

しかしこれのどこが「MSC90T」モデルなのでしょうか・・・

内部も含めてのモデル型式なのですが(汗)

ある意味詐欺に近いんじゃないでしょうか?

もし、自分が乗っている車にこんな商品が装着されたら絶対イヤですけどね(汗)

55.jpg
シャフト

ベアリングの作りが悪いのでベアリングの球が浮いています。

ベアリングの球が浮いた事によりスムーズに廻らなくなっています。

要するにこのコンプレッサーは、シャフトのベアリングの作りが悪いので、ベアリングが破損し、

シャフトが回転できなくなった事により焼け付いたって事です。

しかし、リビルト業界の常識として、「ロック、焼け付きは保証対象外」となっています。

ですので、万が一1年未満で故障していてもノークレームという判定でメーカーは保証してくれないのです。

「製品不良なのに保証が受けられない」

これっておかしくないですか?

まぁ純正部品を使っていればやはり、ロック、焼け付きは保証対象外となるのは理解できます。

中国や台湾等の外国で製造された商品にそれを適用するのはいかがなものかと思います。

そして、大抵のお客様はこの商品が、コピー品と知らずに使ってしまっている。

また、販売する側もコピー品と説明せずに販売している業者様も多いです。

よく、ヤフオクでも「新品」と記載されていますが、純正新品の様に見せかけて社外新品(コピー品)を販売している様に思います。

このコンプレッサーにしても、おそらく吐出量や圧縮比なんてめちゃくちゃだと思います。

よく、純正新品が一番、社外新品が二番と言われますが、私個人の考え方としては、絶対にそれは間違っていると思います。

①純正新品 ②リビルト(純正パーツ使用) ③中古品 ④社外新品

この順番だと思います。

はっきり言って社外新品を付けるなら中古品の方がマシです

よく解体業者様の元に海外からのバイヤーさんが来るそうです。

海外には中国製の社外新品が腐るほどあるにも関わらず日本の中古品を買いに来るのです。

それはなぜでしょう?

答えは簡単です。

「社外新品よりも日本の中古品の方が品質が良いから」

目先の値段に捕われずに商品をよく理解して購入する様にするべきだと私は思います。

もう一度よく考えてください。

販売者様もご購入者様も

「自分の車に社外品を載せたいですか?」
プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR