FC2ブログ

いすゞ GIGA オルタネーターの修理

いすゞ GIGA 

メーカー:日興電機

純正品番:8-98201-085-0

品番:0-35000-5000

出力:24V50A

本日は0-35000-5000日興製オルタネーターの修理になります。

CIMG8258.jpg
CIMG8259.jpg

ちなみに「8-98201-085-0」はいすゞ品番「0-35000-5000」は日興品番です。

CIMG8260.jpg
CIMG8261.jpg

ベンチテストでは特に異常がありませんでした。

異音も無しでした。

CIMG8262.jpg

赤印のスルーボルトを外します。

CIMG8263.jpg

上下分解します。

CIMG8264.jpg

CIMG8266.jpg
CIMG8267.jpg
リヤ側

CIMG8268.jpg

赤印のナットを外します。

CIMG8269.jpg

CIMG8270.jpg

CIMG8272.jpg
CIMG8273.jpg

写真ではわかりにくいですがこのオルタネーターのB端子は大抵曲がっています。取り外しの際曲がってしまいやすいみたいです。

CIMG8274.jpg

ステーターコイルを取り外します。

CIMG8275.jpg
CIMG8278.jpg
CIMG8279.jpg

レクチファイヤとICレギュレーターを取り外します。

フィールドコイルとICレギュレーターに繋がっている配線は再使用しないので切ります。

CIMG8280.jpg

フィールドコイルを外すとリヤ側は分解完了です。

CIMG8281.jpg

続いてフロント側です。

CIMG8283.jpg

CIMG8284.jpg
CIMG8286.jpg
CIMG8289.jpg

簡単ですがフロント側分解完了です。

CIMG8292.jpg

汚れが酷いため特殊な溶剤に漬け込みます。

CIMG8293.jpg

CIMG8296.jpg

こんな感じで溶けます。

とりあえず洗浄でここまで綺麗になります。

CIMG8298.jpg

あとはサンドブラストにて仕上げます。

CIMG8321.jpg

ステーターコイルの処理です

CIMG8282.jpg

サンドブラストで表面の錆を落とし、洗浄した状態です。

CIMG8300.jpg

絶縁ニスに漬けます。

CIMG8301.jpg
CIMG8302.jpg

1日乾燥させます。

その後塗装するんですが完成を撮り忘れたのでこちらにて。

CIMG8331.jpg

組み立てに入ります。

リヤ側から組み立てていきます。

コノオルタネーターは、ステーターとブラケット以外全て交換します。

リヤブラケットにフィールドコイルを取り付けます。

CIMG8324.jpg
フィールドコイル

CIMG83251.jpg
CIMG83261.jpg

次はICレギュレーター・レクチファイヤを取り付けます。

CIMG8328.jpg
ICレギュレーター

ICレギュレーターは新しく品番が変わっていますので少し見た目違います。

CIMG8327.jpg
レクチファイヤ

CIMG8329.jpg
CIMG8330.jpg

CIMG8331.jpg
CIMG8332.jpg

以上でリヤ側完成です。

フロント側組み立てます。

CIMG8337.jpg
フロントベアリング

CIMG8333.jpg
CIMG8335.jpg
CIMG8336.jpg

フロントベアリングを挿入する。

CIMG8340.jpg
CIMG8341.jpg

ローターにベアリングを挿入する。

CIMG8342.jpg
CIMG8343.jpg

フロントブラケットにローターを挿入する

プーリー・ファンを取り付けます。

CIMG8344.jpg

以上でフロント側完成です。

CIMG8345.jpg

フロント側・リヤ側を合体させます。

CIMG8346.jpg

カプラーを取り付けます。

CIMG8347.jpg

以上で完成です。

ベンチテスターでテストします。

CIMG8348.jpg
CIMG8349.jpg

無事テスト合格です。

今回は初の試みとしてテスト内容を動画にしました。実はこの動画はこのオルタネーターの次に作った同じ品番のオルタネーターですが参考に見てみてください。







CIMG8350.jpg
CIMG8351.jpg

テストレポートを添え、ラベルを貼って完成です。

CIMG8323.jpg

今回交換部品

フロントベアリング ¥6,190

リヤベアリング ¥6,070

ICレギュレーター ¥13,000

レクチファイヤ ¥16,200

フィールドコイル ¥12,400

カプラー ¥3,100

カバー ¥2,140

ホルダー ¥320

合計 ¥59,420



マツダ デミオ アクセラ プレマシー オルタネーター P301-18-300 A2TX2291 組み立て編

本日は先日に引き続き、マツダのエンジンSKYACTIV P3VPSに使われているオルタネーターの組み立て修理をご紹介したいと思います。

マツダ デミオ アクセラ プレマシー

メーカー:三菱電機

純正品番:P301-18-300

品番:A002TX2291

出力:12V150A

このオルタネーターは三菱電機の製品です。

三菱電機の「9G」というタイプのオルタネーターです。非常に発電効率の優れた構造となっています。

また、レギュレーターではなくパワトラが内蔵されています。

⇒分解修理の様子はこちら

それでは組み立てて参りましょう。

まずは、リヤ側より組み立てます。

CIMG8231.jpg

リヤブラケットにグリースを塗る。

CIMG8232.jpg

この上にレクチファイヤが装着されます。

CIMG8233.jpg

レクチファイヤを装着します。

CIMG8234.jpg

次はひっくり返してB端子を装着します。

CIMG8235.jpg
CIMG8236.jpg

次はパワトラを装着します。

CIMG8237.jpg

CIMG8226.jpg

パワトラです。左側が中古です。右側が新品部品です。

こう見てもほとんどブラシ減っていませんね。

ただ、やはりパワトラは交換必須の消耗品ですので交換です。

CIMG8238.jpg

用意していたステーターコイルを装着します。

CIMG8239.jpg
CIMG8241.jpg

ステーターコイル装着しました。

CIMG8248.jpg

これでリヤ側完成です!!

続きまして、フロント側に取り掛かります。

CIMG8242.jpg

CIMG8227.jpg

ベアリング左が中古で右が新品です。

CIMG8243.jpg

CIMG8244.jpg

ローターコイルにベアリングを装着します。

CIMG8228.jpg

ベアリング左が中古で右が新品です。

CIMG8245.jpg

CIMG8246.jpg

プーリーを組み付けます。

CIMG8247.jpg

以上でフロント側完成です。

CIMG8250.jpg

フロント・リヤを合体させます。

CIMG8252.jpg

とりあえず組み立ては完成です。

いよいよテスターでテストです。

CIMG8253.jpg
CIMG8255.jpg

無事合格です!

CIMG8256.jpg
CIMG8257.jpg

テストレポートを付けてラベルを貼り完成です。

今回交換部品

CIMG8225.jpg

プーリー

パワトラ

ベアリングフロント

ベアリングリヤ

全て純正パーツにて交換しています。


マツダ デミオ アクセラ プレマシー オルタネーター P301-18-300 A2TX2291

本日は、マツダのエンジンSKYACTIV P3VPSに使われているオルタネーターの分解・修理をご紹介したいと思います。

マツダ デミオ アクセラ プレマシー

メーカー:三菱電機

純正品番:P301-18-300

品番:A002TX2291

出力:12V150A

このオルタネーターは三菱電機の製品です。

三菱電機の「9G」というタイプのオルタネーターです。非常に発電効率の優れた構造となっています。

また、レギュレーターではなくパワトラが内蔵されています。

それでは修理していきたいと思います。

CIMG8127.jpg
CIMG8126.jpg

まずはテスターでチャージテストを行います。

CIMG8128.jpg
CIMG8129.jpg

チャージランプはECU経由で制御されているため点検できませんが、チャージはしっかりしています。

異音も特にありません。

とりあえず分解してみましょう。

CIMG8130.jpg

赤印部分のスルーボルトを外します。

CIMG8131.jpg

次はフロントとリヤに分解します。

CIMG8132.jpg

リヤ側の中身を覗いてみると・・・

CIMG8135.jpg

ブラシほとんど減っていない!!

チャージはしていたし、異音なども見つからない。

となると、先程確認できなかったチャージランプ関係か?

こうなると残念ながら特定が難しいです(汗)

オルタネーターは実際故障していなかったという場合も有ります。

とりあえずは、可能性があるのはパワトラの故障しか考えられないのでパワトラ交換になります。

リアを分解していきましょう。

CIMG8134.jpg

赤印のボルトを外すとステーターコイルが外れます。

CIMG8136.jpg

CIMG8137.jpg

青がパワトラ 赤がレクチファイヤ(ダイオード)です。

CIMG8138.jpg
CIMG8139.jpg

赤印のB端子を外します。ここを先に外しておかないとレクチファイヤと繋がっているので外せません。

割れやすいので注意です。

先程紹介したパワトラとレクチファイヤを外します。

CIMG8140.jpg
CIMG8141.jpg
CIMG8143.jpg

ブラシ何回も言いますがほぼ満タンに近いです。

これでリヤの分解は完了です。

続きましてフロント側を分解します。

CIMG8144.jpg
CIMG8145.jpg

赤印のナットを外します。

CIMG8147.jpg

ローターコイルとフロントブラケットです。

CIMG8150.jpg
CIMG8157.jpg

ベアリングを外します。これでフロント側は完了です。

とりあえず以上で分解は終了です。

ここからは洗浄及び組み立てまでの準備になります。

ブラケット・ステーターコイル・ローターコイル・その他部品を洗浄します。

とりあえずステーターコイルの処理です。

CIMG8161.jpg

洗浄が終わると乾燥庫へ入れてしっかり乾燥させます。(設定温度は100度にしています)

ブラケットの工程です。

CIMG8158.jpg
元々の状態

CIMG8162.jpg
洗浄終了後
まだまだ汚れていますね。

CIMG8167.jpg
CIMG8168.jpg
CIMG8169.jpg
サンドブラスト処理後
しっかり綺麗になりました。
おおよそサンドブラストだけで2,30分掛かります。

お次はステーターコイルの準備です。

CIMG8142.jpg
元々の状態です。

CIMG8159.jpg
サンドブラストにて表面の塗装を剥がします。
塗装綺麗に乗せるためです。

CIMG8172.jpg
乾燥庫で温めていた状態から塗装します。

CIMG8173.jpg
わかりにくいかもしれませんが錆止め塗装します。

CIMG8174.jpg
ゆっくり塗装していきます。少し写真がブレていますね・・・

CIMG8175.jpg
再度乾燥庫でしっかり乾燥させます。

再度塗装して乾燥庫に入れたら完成です。

CIMG8177.jpg
ステーターコイル完成です!

お次はローターコイルです。

CIMG8154.jpg
ローターコイル

コンミテーター部を研磨します。

CIMG8155.jpg
研磨前

CIMG8160.jpg
研磨後

CIMG8170.jpg
CIMG8171.jpg
コイルテスターで検査して完成です。

とりあえず本日は以上です。

部品を注文しているので部品が届き次第仕上げたいと思います。

注文している部品は

プーリー

ベアリングフロント

ベアリングリヤ

パワトラ





ふそう キャンター用 ドージングモジュール(モジュレーター)

ふそう キャンター用 ドージングモジュール(モジュレーター)取扱い始めました

ふそう キャンター

メーカー:BOSCH

純正品番:ME556056

品番:0444-021-014

11397_1.jpg
11397_2.jpg
11397_3.jpg
11397_4.jpg
11397_5.jpg


お買い求めはこちら

ふそう ファイター用 オルタネーター ME300073 クレーム

オルタネーターロックしチャージランプ付いているとのクレームがありました。

装着後1週間でこの状態です(汗)

CIMG7764.jpg

見事にロックしていました。

外から見ても焼けているのがわかる状態です。

CIMG7765.jpg

上下割ってみました

案の定ベルト張り過ぎによるロックでした。

CIMG7768.jpg

見てもらっての通り片側に接触の跡があります。

ベルトを張り過ぎたことで片側に力が掛かりすぎて接触したと考えられます。

CIMG7766.jpg

ステーターコイルもこの通り真っ黒です。

オートテンションの車輌では少ないですが、とにかくベルトは張りまくれば良いというわけでは有りません。

ファイターのこの車輌は特に多いのでご注意くださいね。


プロフィール

ootabihin

Author:ootabihin
自動車電装品の修理及び販売をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR